tuki.「星街の駅で」泣き顔から笑顔になってほしい想いを込めた歌詞とは

  • URLをコピーしました!
※本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは。

2024年6月19日、tuki.さんが歌う「星街の駅で」がリリースされましたね。

この曲は5番目のデジタルシングルで、tuki.さんらしさ満載の切ないメロディアスな楽曲です。

MVを拝見したのですが、アニメーションと歌詞が本当にマッチしているのと、優しい色彩からは悲しさよりもほのぼのした感情が芽生えました。

「いつも素敵な曲をありがとうございます」

「天才すぎる」

「歌声曲ともに素晴らしい」

「歌が優しくて好き」

など、ファンの方々から感嘆のコメントがたくさん届いていました。

tuki.さんは音楽界の宝のような存在だと思います。

これからもtuki.さんのご活躍を願っています

今回は、tuki.さんが歌う「星街の駅で」の歌詞を詳しくみていこうと思います。

タップできる目次

「星街の駅で」のMVって?

今回のMVのアニメーションプロデューサーをされた史耕さんの投稿です。

史耕さんについて

史耕(しこう)さんは、日本の映像ディレクター兼プロデューサーで、アニメ制作スタジオ「騎虎(きこ)」の創設者です。彼は2019年にCG系の専門学校を卒業し、その後映像制作会社に入社しましたが、半年後にフリーランスとして独立しました。

2021年には、しまぐちニケさんと共同で株式会社トヨコーのCM「科学の力でサビを取る、レーザー戦隊CoolLaser」を制作し、その後アニメーションスタジオ「騎虎」を設立しました。彼のスタジオは、手描きアニメーションを中心に、ミュージックビデオやCMの制作を行っています。

最近では、YOASOBIの「海のまにまに」ミュージックビデオの副監督・プロデューサーとしても活躍されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次