「この長い旅の中で」52ヘルツのクジラたちの心に響く歌詞の深層とは

  • URLをコピーしました!
※本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは。

2024年3月1日、映画「52ヘルツのクジラたち」が公開になりましたね。

すごく楽しみにしていたので、早速映画館で見て来ました。

杉咲花さん演じる貴瑚(キナコ)の壮絶な過去とは・・

キナコの心を救ってくれた恩人・アン(志尊淳)さんとの出会いと関係性とは。

母親からの虐待やネグレクト(育児放棄)を受けながら育った「ムシ」と呼ばれる少年(桑名桃李)を、キナコは救うことができるのでしょうか・・・

杉咲花さんは、深い感情表現と迫真の演技が素晴らしい女優ですが、

主演を務められた映画「52ヘルツのクジラたち」の舞台挨拶から

かなりの覚悟と決意を感じられました。

「すがすがしくやり切ったとは手放しでは思っていない。議論が起こると想像しているし、皆さんの声を真摯に受け止めたい」(杉咲花さん)

引用元:映画.com

さらに、気持ちを込めて次のようにおっしゃっています。

「人の痛みを全て分かることはできないからこそ、その人を知りたい、優しくしたいと思える。この作品が時代を乗り越え、将来見直した時にこんな悲劇が描かれた時代があったと思われたい。私たちは責任を持って届けますので、一瞬でも光を感じていただければうれしい」(杉咲花さん)

引用元:映画.com

最初から最後まで感情移入しすぎて

顔が涙でグチャグチャになった2時間16分間でした。

そして、心の奥底からこみ上げてくる感情に包まれながら聴いた

Saucy Dogの楽曲「この長い旅の中で」

この曲は、声なき声を受け止めてくれる人を、信頼したいという想いがこもった感動曲です。

今回は、いつまでも心に残り続けてほしいSaucy Dogの楽曲「この長い旅の中で」の歌詞についてみていこうと思います。

タップできる目次

「52ヘルツのクジラたち」の原作者:町田そのこさん

この映画の原作は、町田そのこさんが書かれた「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社刊)で、2021年の本屋大賞を受賞されています。

3月9日お誕生日だったのですね。

すみません、遅ればせながら

おめでとうございます

町田そのこさんは福岡県出身で、「コンビニ兄弟—テンダネス門司港こがね村店」は彼女の人気シリーズの第三弾です。

北九州の門司港にあるコンビニ「テンダネス」を舞台に、店長や店員、常連客たちの恋や友情、家族の物語が描かれています。

この「コンビニ兄弟」の内容は、アイドルの来訪、偽装恋愛、ホームシック、推しの悩みなど、様々なテーマが盛り込まれています。心温まるお仕事小説で、読者の心を癒してくれる一冊ですよ。

ご興味のある方はご覧になってくださいね。

「52ヘルツのクジラたち」のあらすじって?

『52ヘルツのクジラたち』は、他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラにちなんだタイトルを持つ小説です。

この作品は、社会的問題を扱いながら、孤独と愛の物語を描いています。主人公の三島貴瑚は、過去を断ち切り東京から大分の海辺の町へ移住し、そこで母親から虐待を受けていた「ムシ」と呼ばれる少年と出会います。

貴瑚は少年を助け出そうと試み、自身のかつての姿と少年を重ね合わせます。

この映画に描かれている物語は、児童虐待、家庭内DV、介護、トランスジェンダー、毒親、家族の不理解などのテーマを通じて、人々が直面する孤独に光を当てています。

撮影地・大分県でのエピソードって?

この映画の重要なシーンを大分県で撮影されたそうですが、

特に少年と初めて出会う場所が、

大分県佐賀関の福水漁港でした。

ここは、この映画の印象的なシーンが

何度も撮影された場所だそうですよ。

成島出監督は、コストのことも考えて関東近郊でもいいかなと

思ってらっしゃたようですが、大分県の漁港が

物語のイメージ通りだったので、

「やっぱりここにしよう」と決められたそうです。

これも何かのご縁と思って。

大分県の漁港のイメージ図

(大分県の漁港のイメージ図)

また、西野七瀬さん演じる少年の母親が働いている設定のお店(姫乃屋)には、

出演者の皆さんが撮影後などに何度も食べに訪れたそうですよ。

お店のご主人が語られていました。

実在するお店だったんですね

また、原作者の町田そのこ先生は、大分県とクジラの因果関係について

「以前、大分県には迷いクジラが来ると祖母から聞いていたので」

とおっしゃっていました。

素晴らしい作品の源(みなもと)は、おばあさまとの思い出に

繋がっていると思うと、とても素敵なことだなあと感じました。

主演の杉咲花さんとは

(kaminoko1177さんのインスタグラムより)

杉咲花さんは、日本の女優であり、深い感情表現と迫真の演技で知られています。彼女は映画『市子』で第47回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

彼女は役に深く入り込むことで知られていて、そのためには自分の生活を仕事に反映させることを重視されているそうです。

また、杉咲さんは、人生をかけて生活をし、それを仕事に落とし込むことを大切にしていると述べられています。

彼女はまた、過去には自分自身を閉ざしていた時期があり、暗い役を演じることが多かったようですが、ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」での出演を機に、明るくなり、友達も増えたと語っています。

杉咲さんは1997年10月2日生まれで、東京都出身です。彼女は音楽家一家の出身で、父親はギタリスト、母親は歌手です。彼女自身も歌手として活動しており、ドラマ『アンナチュラル』の主題歌「ミスシェイプン」や映画『銀魂』の主題歌「DECIDED」などの代表曲があります。

「この長い旅の中で」の歌詞を詳しく!

Saucy Dogの石原慎也(Vo/Gt)は、この楽曲に込めた想いについて、

以下のようにコメントされています。

僕自身、心から信頼する事がどうも苦手で
「どうせ裏切られるかもしれない」
「本来の自分を見てくれる人はいるのか?」
と思いながらややこしく生きているんですが、そんな自分を1人の人間として見てくれる人が実は沢山いて、ちゃんと怒ってくれたり、心配してくれたり。
そんな人を「信頼したい」という思いから作りました。
最後のサビの「例えば君がペテン師でも君を信じて後悔したい」というのはそこから来ている僕の感情そのものです。

引用元:rockin’on.com

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次